読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探偵綺譚  ★☆☆☆☆

石黒正数さんの短編漫画集

『探偵綺譚』

を読みました。

 

評価は、星1つです。

 

えー、

全然ダメでした。

(by 酷評さゆり)

 

▽内容:

表題作『探偵綺譚』は、ヒット作『それでも町は廻っている』の人気キャラクター「嵐山歩鳥&紺双葉」の先輩後輩コンビが友人失踪のミステリーに挑む!

石黒正数の多彩な魅力を満喫できる全11作品+α収録の傑作短編集!!

 

そもそも、

それ町』を読んでいない私にとって、

嵐山歩鳥(ほとり)と紺双葉(こんふたば)のコンビが出てきたところで、

痛くもかゆくもなければ、

嬉しくも楽しくもない。

 

それは自分に非があるとして。

 

次に、

外天楼』がまあまあ面白かった私にとって、

しょうもないミステリーのなかに散りばめられていたトリックや、

ストーリーの深みがまったくない。

 

これも、

同じレベルを期待した自分に非があるとして。

 

にしても、

それにしても、

なんともつまらないただのギャグ漫画でした。。。

 

1話1話の結末も、

そんなオチかよ?

って感じで。

 

『外天楼』と同じで、

ちょいちょい笑いのツボはあります。

 

武田とかいて「ぶた」さんと呼ばせたり、

出来杉くんじゃなくて、

矢場杉(やばすぎ)くんが登場したり、

5色のヒーローズ・5レンジャーの常識を、

何色にもして皮肉ったり。

 

まあ、クスっとはなるんですけどね。

 

なるんですが、

読んだ後、何も印象に残っていないという。。。

 

どこがミステリーだよ?

どこが傑作だよ?

 

…と

何度も突っ込みたくなりましたし、

 

正直、

何話か飛ばしました。

 

このマンガ、

速攻で売り払いたいと思いますが、

買う人いるのかな。。。

 

Amazonレビューア―では、

このコメントに一票。

 

魅力も面白さも全く皆無。
これを読んで何がどうなるっていうんだろうね(笑)

これを読むなら、他のマンガを読んだ方がいい。

 

まじ、その通りだよ!!!

 

とはいえ、

こう書いている人も。

 

短編集とはいえ、作者の他の作品とは全く比較にならないほど平凡な内容です。
ギャグも滑り気味のものばかりで、けっこう厳しいです。(中略)

石黒氏の作品を読んだことが無い方は、これは一番後回しで。

これを読んでしまったことで、他の作品に手が出なくなるのは あまりにもったいないので。

 

 

なるほどー、

やっぱり噂の『それ町』を読んでからのほうがよかったかな。

 

失敗。。。

 

■まとめ:

・少しクスリとなるところはあるけれど、ただのギャグ漫画で、本当にクスっとなるだけ。正直、読了後に何も印象に残らない。オチもひどいし、トリックなどは皆無。ミステリーのかけらもない。ひどい。

・先に読むべきではない。いろいろ読んだ末に読むべし。

 

■カテゴリー:

マンガ

 

■評価:

★☆☆☆☆

 

▽ペーパー本は、こちら

探偵綺譚?石黒正数短編集? (リュウコミックス)

探偵綺譚?石黒正数短編集? (リュウコミックス)

 

 

Kindle本は、いまのところ出ていません